冷え性・低体温は胸が小さくなる?卵巣と女性ホルモン。バストアップする方法

冷え性・低体温は胸が小さくなる?


■女性は冷え性が多いです。手や足がすぐに冷たくなってしまう女性は、バストアップもまた難しくなってしまうのです。

なぜ冷え性だと胸が小さくなるのかというと、女性は体温が下がると、卵巣の機能が低下するからです。

女性ホルモンというのは卵巣から分泌されますので、卵巣の機能が低下すると女性ホルモンが減少します。つまり胸が小さくなるわけです。



■ですから、バストアップするための土台として、冷え性を改善することが重要です。ではどうやって冷え性を改善したらいいのか?


冷え性改善の方法は、いろいろありますが、代表的なものは「筋肉をつける」ということです。

男性よりも女性の方が、冷え性が圧倒的に多いのは、女性は筋肉が少ないからなんですね。男性は筋肉が多いため、筋肉によって熱を作り出すことができます。ですから男性は冷え性になりにくいわけです。



■なので、女性も筋肉量を増やせば体温は上がるのですが、私個人の感覚では、バストアップを目指すならあまり筋肉はつけすぎないほうがよいかと思います。


なぜなら、女性が筋肉をつけすぎると、男性ホルモンが増加してしまうからです。バストアップのために必要なのは女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンです。それなのに、男性ホルモンが増えてしまっては、バストアップできなくなってしまうからですね。



■ですから、あまりにも運動不足の人は運動して少し筋肉をつける必要がありますが、筋肉をつけすぎてしまうと男性ホルモンが増えるので、筋トレのやり過ぎには注意です。


では、筋肉をつける以外に冷え性を改善して体温を上げる方法はないのか?


いちばん簡単なのは、「たくさん寝ること」です。人間は睡眠時間が短くなると体温が低下します。寝不足の朝はなんだか体が冷えませんか?人間は睡眠時間を長くすると体温が上がります。



■また、たくさん眠ることによって女性ホルモンの分泌量も増えるため、バストアップには非常に効果的なのが、長く眠ることなのです。

日頃、寝不足気味で冷え性な人は、まずなるべくしっかり眠るようにすると、意外なほど冷え性が改善されます。



■後は冷え性を改善させるための方法として、「食べすぎないこと」というのがあります。

人間は不必要に食べ過ぎてしまうと、胃腸に血液が集まるため、全身が冷え性になりやすくなります。

小食な人ほど体温が高く、免疫力が高いというデータもあります。



■ただ、バストアップを目指す場合、あまりにも少食にしてしまうとバストの脂肪が落ちてしまうため、そのあたりには注意が必要です。

ということで、冷え性を改善してバストアップさせるには、しっかり眠る事と、不必要に食べ過ぎないこと。これが重要になります。

これらの土台の上に、効果的なバストアップサプリメントを乗っけてあげれば、バストアップは難しくないということがわかるでしょう。

バストアップに効果的なサプリメント

バストアップには、「睡眠」「栄養」、そして「サプリ」 の3つが絶対に必要で、ひとつでも欠けるとバストアップできません。

私が一番使っているバストアップサプリは、「ピンキープラス」です。

その他の効果的なサプリのランキングはこちらにまとめました。
  ↓
オススメのバストアップサプリランキング

コメントを残す

サブコンテンツ
QLOOKアクセス解析