大豆製品を食べてもバストアップしない?納豆で胸は大きくならないか。大豆イソフラボン

納豆でバストアップするか?


■納豆といえば、日本を代表する健康食品です。

良質のたんぱく質や脂肪分がたくさん含まれているだけでなく、発酵食品として、様々な健康増進に効果があります。

血液サラサラ、骨粗しょう症予防、血圧低下、動脈硬化の予防、等々。



■そんな物凄く健康に良い納豆ですが、実はバストアップにも非常に効果があります。

納豆というのは「大豆」です。大豆といえば、そう。大豆イソフラボンですね。


大豆イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンに極めて近い働きをするため、大豆イソフラボンを摂取すると、女性ホルモンが増えたのと同じ効果があるわけです。

女性ホルモンが増加すれば、乳腺が発達して、バストアップにつながるというわけですね。



■私は元々、納豆はあまり得意では無いのですが、お寿司の納豆巻きは好きなので、なるべく納豆巻きを食べるようにしてたりします。ささやかな努力ですが、意外とこのような積み重ねは、バストアップに効果があるのです。


ただ、納豆だけをひたすら食べ続けてもダメです。確かに納豆には、タンパク質と脂肪分が含まれていますが、納豆だけではバストアップに必要な栄養を全てカバーすることができません。



■ですから、「納豆とご飯」というベタな組み合わせが、やはり良いということになります。

私たちの目的はバストアップであり、ダイエットではありませんので、白米の炭水化物はしっかり摂取していく方がバストアップしやすいです。

中途半端にバストアップとダイエットの両方を目指していくと、どっちつかずの体型になってしまいますので、メリハリが必要というわけです。



■現代女性は、スリムであることにこだわりすぎるあまり、胸が小さくて悩んでいる女性が本当に急増しています。

スリムであることと、ふくよかなバストである事は、相反すると言っても過言ではありません。

ですから私は、「女性はふっくらとしていた方が魅力的である」と考えています。



■女性同士の場合は、比較的「ガリガリの女性」が評価される傾向にありますが、世の中の半分は男性ですから、男性の評価も高い方が良いわけです。

そして、男性の評価は、「ガリガリの女性はちょっと…」となるわけです。

女性はふくよかで標準的な体型の方が、絶対に健康的に見えるし、魅力的にも見えます。特に男性から見るとその傾向は顕著なんですね。



■納豆の話からちょっと脱線してしまいましたが、納豆は大豆イソフラボンのパワーによって、女性ホルモンのバランスを調整するので、バストアップ効果があります。


ただ、納豆と一緒に、白米の炭水化物もしっかりとって、体脂肪率をある程度高めていくことが、バストアップには近道となるわけです。

私も油断すると、すぐに体脂肪率が下がってしまうので、意識的に体脂肪率を上げるようにしています。

バストアップに効果的なサプリメント

バストアップには、「睡眠」「栄養」、そして「サプリ」 の3つが絶対に必要で、ひとつでも欠けるとバストアップできません。

私が一番使っているバストアップサプリは、「ピンキープラス」です。

その他の効果的なサプリのランキングはこちらにまとめました。
  ↓
オススメのバストアップサプリランキング

コメントを残す

サブコンテンツ
QLOOKアクセス解析