少食は胸が小さい?食が細いとバストアップできない?食べる量が少ない。痩せると胸が小さくなる

少食は胸が小さい?


■少食の女性は、胸が小さくなりがち。

これは私が、胸が小さくて悩む多くの女性を見てきて思うことです。

「健康」を考えると少食の方が良いわけですが、「バストアップ」を考えると少食はかなり不利です。



■バストというのは「脂肪分」です。

脂肪分というのは、摂取したカロリーが余った時に貯蓄される栄養分です。

ですから、カロリーが余らなければ、脂肪分は増えず、胸も大きくなりにくいということになります。



■特に「お腹が空いている時の活動」というのは、糖分というエネルギー源がないため、脂肪をエネルギー源として活動することになります。

つまり脂肪が燃焼してしまうわけですね。

ダイエットはこのような感じで進めていきますが、バストアップでは、これをやるとどんどん胸が小さくなってしまうわけです。



■ダイエットとバストアップは、相反する関係ともいえます。

全身の脂肪を燃焼させれば、スタイルはスリムになりますが、その前に胸が小さくなる可能性が高いです。


ダイエットすると、足やお尻が痩せる前に、胸が痩せてしまうというのはよくある話です。

体の機能としては、「命に関わらないところから痩せていく」というシステムですので、足は重要。だからまず胸が痩せてしまうわけです。



■なので、全身にある程度の「適正な体脂肪」をキープするためには、摂取カロリーと消費カロリーのバランスを考えなければなりません。

少食の女性は、摂取カロリー以上に活動してしまうことが多いため、全身に脂肪を蓄積することができず、結果としてバストアップも、なかなかスムーズに進んでいかないということになるわけですね。



■胸を小さくする原因として、私が避けていることは

「お腹が空いている時に運動しない」と言うことです。

空腹時の運動は、脂肪分を減少させてしまう。つまり胸が小さくなってしまうからですね。



■冒頭でも書きましたが、「少食」自体は、健康のためには良いことです。

質素な食生活にしたほうが、免疫力も上がるし、肌も綺麗になりやすいです。

ただ、少食では胸を大きくすることが難しくなってしまうんですね。バストは脂肪だからです。



■ここは非常に判断の難しいところなんですが、やはり「女性として標準的な体脂肪率」を維持することが、女性らしい、ふくよかな体をつくることになると思います。

「バストアップ」「ダイエット」「健康」

この3つは、食事量と密接な関係があるということですね。


そして「あちらを立てれば、こちらが立たない」ということになりやすいわけです。

私のオススメは、「極端なことはしない」ことですね。


つまり「食べ過ぎない」「ダイエットしすぎない」と言うことです。

少食の女性は胸が大きくなりにくいので、バストアップを目指すときには、ダイエットしすぎないことが非常に重要になります。

バストアップに効果的なサプリメント

バストアップには、「睡眠」「栄養」、そして「サプリ」 の3つが絶対に必要で、ひとつでも欠けるとバストアップできません。

私が一番使っているバストアップサプリは、「ピンキープラス」です。

その他の効果的なサプリのランキングはこちらにまとめました。
  ↓
オススメのバストアップサプリランキング

コメントを残す

サブコンテンツ
QLOOKアクセス解析